おばあちゃんになっても面白く過ごす夫人のデイリー

70才を過ぎた母は俗にいう「お独りさま」。
がんらい同僚も数多く、近所の輩とのコミュニティもできてあり、
離れて過ごす息子としては安心しているのですが、
とはいえ、独り暮しでは多々心配もあるのです。
折々電話したり、会いに行ったり、どっかへでかけたりするが、
母は必ずあわただしいのです。
体操教室や洋裁教室、お同僚や近所の輩と出掛けたりで、日取りを取り混ぜるのにも一苦労だ。
携帯電話にメルアドしても、忙しすぎてメルアドが読まれていない、なんてことはよくあります。

そういう母が今トップ夢中になっているのが、三代目JSBの岩田様だ。
なんで知っているのか、どこで知ったのか、さっぱりわかりません。
住宅に行くと、カレンダーや広告が貼ってあるのです。
袋にキーホルダー、手帳にフィルムなど、あらゆるものに岩田様がついていらっしゃる。
そのおかげでか、どうしても気が若々しくて、日々楽しそうだ。
最近フィルムも一緒に見に行きました。
思い切りうれしみたいにしていたので、一緒にいて私も楽しかっただ。
これからもうれしい嗜好をいっぱい見つけて、いつまでも元気でいてほしいと思います。